前回の記事にも書いたボーダー理論、
人生棒に振らないように!
との注意喚起をよしきちの読書さんにはしました。


今回は続きとシャレこみましょう!


たまに書いてますが、よしきちは回る、回らない、アタッカーがどうだとか、捻り打ちなどの技術介入、ボーダーなんぞ全く気にしない、しいてやるなら止め打ちくらいと。


読書さんは皆さんご存知かと思いますが、
滞りなくボーダー信者よりも勝ててます笑


では、上記要素をよしきちが
めんどくさいけど、もしも、やるとなるともっと勝てるのか?


スポンサーリンク
気になる方も、もしかしたら
いらっしゃるのではないかと思います。


いらっしゃらなかったら
ごめーんねっと笑



答えですが、もっと勝てるようには、
特段なりません。です。
効果が、あるとしたら捻り打ちですが、
めんどくさいですね。
してもしなくても別にそこまで大差ない。
今の機種はひっかけするとこがない、
釘が多いなどの要素もあり、下手すれば減ったりする。
店員に嫌な目をされながら、効果薄いもんを一生懸命やらなきゃいけないようなヒーヒーした勝負をしていない。
などによりやりません。


保3止めとかもありますが、時間のムダ。
大して変わらん!ハイ、これです。


んで、ボーダー理論。
まずプロだかプロじゃないか本当に稼いでるか、稼いでないかもよく分からない自称プロの方々のほとんどはこれを唱えますね。

まぁハッキリ言っちゃえば楽なんですよコレ。都合のよい理論なんです。


大当たり確率分母などから、トータル確率が複雑な計算式で算出されます。(数学者の秋山先生が書く数式みたいなもんです)


このトータル確率の算出方法を、説明できる自称プロの方。残念ながら、ほとんどいません笑